③髪の悩み

髪の寿命!知っておきたいヘアサイクル

髪の毛の本数は生まれつき変らない!
髪はおよそ10万本。
この本数はお母さんの胎内にいる時にすでに決まっているそうです。

人の髪の毛は、個人差もありますがおよそ10万本あるといわれています。1本1本の髪の毛には4~7年ほど寿命があります。

髪は1日に3㎜ほど伸び、1カ月で約1㎝伸びます。

もし、髪を全く切らずに伸ばしつづけると、50~80㎝くらいになり、その後は自然に抜け落ちます。髪が生え始めてから成長し、数年かけ抜け落ちるまでを「ヘアサイクル」といいます。

『ヘアサイクル』

①髪の誕生・初期成長期(1~2年) 新しい髪が生まれ、少しずつ成長していく。

②成長期(2~6年) 髪の成長が最も活発になる時期。この期間が短くなると髪が十分に成長しない。

③後期成長期 髪の成長が緩やかになる。

④退行期(2~3週間) 髪が抜ける準備に入る。

⑤休止期(3~4カ月) 髪の成長が止まり新しい髪が生えてくる。

⑥髪が抜ける 髪の寿命となり、①へ戻る。

中医的な髪の話。
「肝」と「腎」の養生で、髪のトラブルを改善!

黒くて艶のあるしなやかな
アイアンビューティー
を目指したい!!

 

黒髪は日本人の代名詞であり、美しい髪は美人の象徴の一つとも言われます。

美しい髪は、人に清潔さや上品な印象を与え、自分に若々しさと自信を感じさせてくれます。

 

漢方では髪は「血のあまり」からできていると考えられています。

これは、血が十分にあって体内をスムーズに巡っていれば、髪を健康に保つことができるということ。また、髪は「腎の華」ともいわれ、生命エネルギーの源である腎の「精」が充実していれば、丈夫な髪が育つと考えられています。

このように、髪のトラブルは頭皮や毛髪だけの問題ではなく、体内の健康状態と密接な関係があります。中でも深い関りがあるのが「肝」と「腎」です。

血の貯蔵庫である肝がストレスなどの影響をうけると、血の不足や血行不良を招いて髪のトラブルにつながります。また、腎の精は年齢と共に自然と衰えていくため、加齢によって髪の元気も失われてしまいます。

 

一般的に薄毛や脱毛、白髪といったトラブルは病気ではありませんが、本人にとって

は深刻な悩みにつながります。また、女性にとって髪の艶が失われたりパサついたり、といった小さなトラブルも気になるもの。体の中から健康になることで、根本的に髪のトラブルを改善し、美しい髪を手に入れましょう。

 

 

 

 

予約・お問い合わせ

お肌の悩み・美肌相談はコチラ

まずは、あなたの体調や体質、生活スタイルからお伺いいたします。

宮廷の美女たちの究極の美容生活から
学んで応用しましょう。漢方が頂点を極めた宮廷漢方美容です。

いろいろな症状に対して、原因は、いろいろですので、何が本当の原因なのかしっかりカウンセリングして、養生法を実践することで、根本治療が、可能となります。

03-3572-1930

詳細はこちら