シミの原因は、活性酸素

紫外線と活性酸素の関係

透明感のある美しいお肌

酸素はあらゆる老化現象の原因と考えられています。体内の活性酸素が増えすぎると細胞が酸化してしまうためです。そのため近年は「抗酸化」が注目されています。

お肌のシミも、紫外線を浴びることで体内の活性酸素が増加し、それがシミの発生につながると考えられています。

 

活性酸素には、体内に入り込んだ細菌から細胞を守る働きがあり、その効果が期待されています。紫外線には、人体にとって有害な物質が数多く含まれており、紫外線を浴びるとその害から体を守るために、大量の活性酸素が生まれると考えられています。

 

■体を守っているメラニン色素■

しかし、活性酸素が必要上に増えすぎると、反対に体細胞にダメージを与えてしまうことになり、これが細胞の老化につながります。

そんな活性酸素のダメージを緩和するのがメラノサイトという細胞です。メラノサイトはシミの原因となるメラニン色素をつくることで知られていますが、このメラニン色素がなっかったら肌はもっとボロボロに老化してしまいます。

メラニン色素は、活性酸素から受けるダメージを引き受けてくれていると考えられています。日焼けすると肌が黒くなるのは、

メラニン色素が酸化することによって肌細胞絵への被害を防いでいるからです。

色素沈着は、紫外線から体を守ろうとしてくれた証と言えます。

 

■メラニン色素が多すぎるとシミになる■

通常に日焼けであれば、新陳代謝によって肌の細胞は生まれ変わり、やがて元の色にもどります。

しかし、あまりにもメラニン色素がたくさん作られてしまうと、新陳代謝が機能しきれず、色素が残ってしまうことになりなす。

これがシミの正体です。年齢を重ねるとシミができやすくなるのも、老化によって新陳代謝の機能が弱まっているからです。

 

 

 

シミとそばかすの違いとは?

シミの特徴と原因

恐ろしい隠れシミ!
一見色白できれいな肌の女性でも
「シミ」は存在します。
日焼け止めをしっかり塗って、紫外線をケアして。

シミはニキビ跡など炎症によって引き起こされたり、紫外線によるダメージの蓄積や加齢など、後天的なものが主な原因となります。

老化現象のひとつである老人性色素斑や、ニキビ跡など皮膚の炎症が原因の炎症後色素沈着、ホルモンバランスの乱れによって発生する肝斑などがシミに分類されます。

『老人性色素斑』

これまで浴び続けた紫外線が原因して、時間の経過と共に現れてくるもの。

薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形で、40歳前後から目立ち始める。

 

『炎症後色素沈着』

皮膚が炎症を起こし、炎症が治まった後に発生する茶色のシミのこと。

ニキビ跡、虫刺され、切り傷、極端な日焼け、火傷、アトピー性皮膚炎、

湿疹、あせも、アレルギー性皮膚炎、化粧品かぶれなど様々な要因で引き起こされる。

色や形は炎症の度合いによって異なる。

 

『肝斑』

肝斑は女性ホルモンの減少が主な原因と考えられています。ただし、現在のところまだハッキリと断定できるレベルではありません。

ほとんどが顔面に現れ、目の下や頬の周りや、鼻の下、下あご、眉間など比較的骨を触りやすいに発生しやすいといわれています。

形は左右対称で、一般的なシミと違って治りにくい性質をもっています。

 

そばかすの特徴と原因

そばかすは紫外線を浴びると濃くなる場合があります。
そばかすも、紫外線対策は必須です!

そばかすは、目元まわりや、頬の上部に細かく散らばるようにしてできる茶色の斑点のこと。正式には『雀卵斑(じゃくらんはん)』と言います。

春から夏にかけて、そばかすの色が濃くなるというのも特徴のひとつです。

そばかすには様々な原因がありますが、大きく分けて、先天的なものと、後天的にできるものがあります。

先天的なそばかすは、主に思春期に増えるといわれ、思春期を過ぎれば消える場合もあるようです。

一方、後天的なそばかすの場合、特に大人になってからできてしまうと、自然に消えることはほとんどないといわれています。むしろ、年齢を重ねるごとに

目立ちやすくなるという特徴があります。

 

 

 

予約・お問い合わせ

お肌の悩み・美肌相談はコチラ

まずは、あなたの体調や体質、生活スタイルからお伺いいたします。

宮廷の美女たちの究極の美容生活から
学んで応用しましょう。漢方が頂点を極めた宮廷漢方美容です。

いろいろな症状に対して、原因は、いろいろですので、何が本当の原因なのかしっかりカウンセリングして、養生法を実践することで、根本治療が、可能となります。

03-3572-1930

詳細はこちら