更年期障害による肌荒れ・かゆみ

更年期の肌荒れは、女性ホルモンと
エイジングケアの両方が必要です。

更年期の女性が特に敏感になる症状が「肌荒れ」です。40代後半に入ってから急に肌荒れが悪化したり、肌のかゆみや乾燥を感じるようになったとお考えの場合、それらは更年期障害の症状の可能性があります。

閉経が始まる40代後半~50代前半になると女性ホルモンが減ります。そうすると今までなんともなっかった女性も急に肌荒れをしたり、悪化したり、肌のかゆみや乾燥を感じるなどの症状がでてきます。

また、更年期の肌荒れは乾燥やかゆみだけではなく、顔のシミ・シワ・くすみなどの症状も目立ってくるのが特徴です。

さらに更年期の肌荒れは顔だけではなく、ひどい場合は全身に現れる場合もあります。腕や背中がカサカサに乾燥し、ひどいかゆみを引き起こしたり、皮膚が薄くなることで痺れを感じることもあります。

更年期の肌荒れ・皮膚のかゆみの原因は?

その乾燥やかゆみ、バリア機能の低下が原因かもしれません!

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、肌の水分を保持し、ハリや潤い、弾力をキープする役割やコラーゲンを合成する働きを持っています。

しかし、更年期に入ってエストロゲンの量が急激に減ると、皮膚の水分を保持するコラーゲンが不足し始め、肌の潤いやハリがなくなってしまうのです。さらに、エストロゲンの減少により皮脂の分泌量も不安定になります。すると、皮脂不足による乾燥肌、ニキビ・吹き出物の増加、毛穴の詰まりなど、様々な肌トラブルを引き起こします。

また、肌の表面にある角質層には、潤いを蓄え乾燥と外部刺激から肌を守るバリア機能がありますが、エストロゲンの減少により皮脂分泌が不安定になるとバリア機能が衰えます。バリア機能が衰えることで敏感肌になり、少しの刺激でも敏感になり、すぐに赤みやかゆみ・痛みを生じ、ひどい場合は不眠やうつ症状につながる心配もあります。

これら更年期の症状は、女性ホルモンの減少に加えて加齢による新陳代謝の衰えもあります。新陳代謝が衰えることで、お肌のターンオーバーが乱れより敏感になり、肌荒れやかゆみがおこりやすくなります。

更年期の肌荒れ・皮膚のかゆみの対策

更年期の肌荒れの多くはエストロゲンの減少にあります。なので同様の働きを持つ「大豆イソフラボン」を積極的に摂取しましょう。毎日の食事で補えるのが理想ですが、むずかしい場合はサプリメントなどでも気軽に摂ることができます。他にも、新陳代謝を促すビタミンB1やターンオーバーを促進させるビタミンCなども効果的です。

肌ケアの基本である保湿も重要です。また、一年を通してしっかり紫外線の対策をすることも大切です。日焼け止めはもちろん、帽子・日傘・手袋なども効果的です、お出かけの際にファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

詳しくはこちらをクリック

更年期はどうしてイライラするの?

更年期にイライラしやすくなる理由

いつもなら気にならないような些細なことでついイライラ…
身近な人にはつい当たってしまうこともありますよね。

更年期になるとイライラしたり、感情的になり思いがけず強い態度で相手に接してしまいがちですが、これは女性ホルモンが大きく影響しているとされます。

更年期を迎えると卵巣の機能が低下するのですが、それと同時に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量も減少します。すると、脳はその分泌量を増やそうと、エストロゲンの分泌を促す性腺刺激ホルモンを出すように体に指令を送ります。しかし、卵巣の機能が低下している状態では、いくら性腺刺激ホルモンを分泌してもエストロゲンの分泌量は増えません。

つまり、更年期になると、需要と供給のバランスが取れない状態がくり返されるために、ホルモンのバランスだけでなく、自律神経のバランスも乱れやすくなります。特に、エストロゲンには気持ちを穏やかにする作用があるため、これが減少すると、ほてりや大量の発汗などの身体的症状だけでなく、不安感やイライラなどの精神症状が強くなるといわれています。

このような症状は女性ホルモンの分泌量が急激に低下した時に起こりやすいため、職場や家庭でストレスを感じやすい方ほど、気もちが不安定になりやすい傾向にあるようです。そのため、更年期のイライラを緩和するには、ストレスを軽減できるようなセルフケアの方法を考えていく必要があります。

イライラを軽減させるための対処法

朝一番の日光浴を習慣にして、
イライラを解消しよう。

イライラを感じた時の対処法として、おすすめなのが…

■朝の太陽を浴びる

体内で分泌されるセロトニンは「幸福ホルモン」とも呼ばれ、イライラを解消する働きがあるとされます。このセロトニンの分泌量はエストロゲンの低下にともない減少してしまうのですが、セロトニンは朝の太陽を浴びることで分泌が活発になる性質があるため、早起きをして朝日を浴びる習慣をつけると、イライラの緩和に効果的と考えられています。軽い運動をしながら浴びるとリラックス効果がより高まるため、朝のウォーキングやジョギングなどもおすすめです。さらに、朝、太陽光を浴びることで体内時計がリセットされますので体のリズムも整いやすくなります。

■食事

イライラの緩和に効果的とされる主な成分としては、マグネシウムとイソフラボンがあります。体内のマグネシウムが不足するとイライラしやすくなり、イライラすることでさらにマグネシウムが消費されるといった悪循環が生じます。マグネシウムは、海藻やアーモンドなどのナッツ類、チョコレートなどに多く含まれているので、適量を意識的に摂取することをおすすめします。

また、納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれるイソフラボンは、体内で代謝されると「エクオール」という物質に変換されます。このエクオールは、更年期による様々な症状の緩和に効果的であるという研究結果が出ています。よって、大豆製品の積極的な摂取は、イライラの軽減にも有効と期待されています。ただし、体内でエクオールを作れる人は日本人の2人に1人しかいないというデータがあるため、食材だけでは軽減されないという方は、サプリメントなどでエクオールを補うことをおすすめします。

■良い香りでリラックスする

匂いは大脳辺縁系を通ってホルモンを調整する視床下部に伝わり、心身に影響を与えるとされています。よって、イライラしたときは、よい香りを楽しむことをおすすめします。よい香りで心身がリラックスすると、苛立っていた気持ちが落ちつきやすくなります。ぜひお試しください。

予約・お問い合わせ

お肌の悩み・美肌相談はコチラ

まずは、あなたの体調や体質、生活スタイルからお伺いいたします。

宮廷の美女たちの究極の美容生活から
学んで応用しましょう。漢方が頂点を極めた宮廷漢方美容です。

いろいろな症状に対して、原因は、いろいろですので、何が本当の原因なのかしっかりカウンセリングして、養生法を実践することで、根本治療が、可能となります。

03-3572-1930

詳細はこちら