『髪は女の命』

栄養不足や乾燥、摩擦といった刺激で髪はダメージを受け、弱っています。

正常な髪は、1本1本がキューティクルでコーティングされ、しっかりと守られています。

しかし、傷んだ毛はキューティクルがめくれたり、剥がれ落ちてしまい、シャンプー時に髪内部の水分やたんぱく質などが流れ出やすくなっています。そのため、髪にコシや張りがなく、弱ってしまい、ちょっとした衝撃で、ダメージを受けやすくなってしまいます。

枝毛も切れ毛も原因となるのは、髪の毛へのダメージです。カラーやパーマのし過ぎが髪への負担になるのは当然ですね。それに加えて、髪の毛への栄養不足も大きな原因。

食事や睡眠といった基本的な生活習慣の乱れによっても、枝毛や切れ毛は引きおこされます。

枝毛と切れ毛の違いとは?

枝毛も切れ毛も髪がダメージを受けたときに起こりますが、枝毛は髪の毛が縦にさけている状態、切れ毛は横に切断された状態をあらわします。

どちらもキューティクルが髪を守れない状態になっていると起こる現象です。

キューティクルは、髪の表面を覆っている鱗状の層で、髪の内部から水分やたんぱく質が失われるのを防ぐとともに、紫外線などの刺激が髪の内部に浸透することも防いでいます。

しかし、髪がダメージを受けると、キューティクルが剥がれたり、正常な時は閉じている鱗状の層が開いてしまい、髪の内部から髪に必要な水分やたんぱく質が流出してしまうと、髪の毛はとてももろくなってしまい、縦にさけたり、横に切断され、枝毛や切れ毛になってしまいます。

詳しくはこちらをクリック

予約・お問い合わせ

お肌の悩み・美肌相談はコチラ

まずは、あなたの体調や体質、生活スタイルからお伺いいたします。

宮廷の美女たちの究極の美容生活から
学んで応用しましょう。漢方が頂点を極めた宮廷漢方美容です。

いろいろな症状に対して、原因は、いろいろですので、何が本当の原因なのかしっかりカウンセリングして、養生法を実践することで、根本治療が、可能となります。

03-3572-1930

詳細はこちら